Extraordinary Daily Journey

113馬力の937 ccテスタストレッタエンジンと19インチのフロントホイールを搭載した新型ムルティストラーダ950は、どんな路面コンディションでも快適かつ楽しいライディングを実現。しかも、市街地での毎日の通勤にも最適です。保守・点検時期は業界でも最長なので、維持費も抑えめです。限界を知らないアクセサリーパック装備で、どこまでもドゥカティスタイルです。"

GENOVA

Italian Extraordinary Journeys

もしあなたのパートナーが完璧なモーターサイクルだったら、すべての旅は特別なものになるでしょう。

Discover

Design

"ドゥカティデザインセンターがムルティストラーダ950のプロジェクトに着手したとき、その目的は、コンパクトかつ視覚的に軽量なマシンを作ること、そして何よりも真のムルティストラーダを設計するということでした。ドゥカティの2つのハイグレードモデルにインスパイアしたのは、このような理由によるものでした。 ムルティストラーダ950は、ムルティストラーダ1200とムルティストラーダ1200エンデューロのデザインを完璧に融合したもので、双方から「軽量」性を発揮する特徴を取り入れています。この融合により、ムルティストラーダの典型的フォルムを踏襲しながら、外観だけではないコンパクトさを備えたマシンが実現しました。"

アクセス性

ムルティストラーダ950は、ムルティストラーダシリーズの特徴であるデザインとマシン性能を完璧に融合させており、完全な制御性と運転しやすさを同時に提供します。 ムルティストラーダ1200よりも軽量化されており、サドル高を840mmに設定しているため、排気量の大きな「姉妹マシン」がもつ優れた動力性能がさらに強調されています。前輪には軽量合金製の19インチホイールを備えており、舗装・未舗装にかかわらず、どのような路面でも快適で面白味のあるライディングを保証します。そして、2気筒937cm3のテスタストレッタ11°により、ムルティストラーダ950は、誰にでも楽しめる本物のドゥカティのパフォーマンスを保証します。

汎用性

どのような地表でも操作が簡単で楽しく、荷物満載でも快適なムルティストラーダ950は、360°体験にぴったりのマシンです。2010年にムルティストラーダに初導入されたドゥカーティ・ライディングモードは、ライダーの走行スタイルや環境条件に合わせてマシンの挙動を最適化するためのプリセットモードで、様々なモードから最適なものが選べます。 ムルティストラーダ950には4つのライディングモード(スポーツ、ツーリング、アーバン、エンデューロ)が用意されており、それぞれがエンジン制御ライド・バイ・ワイヤ(RbW)電子システムとABSおよびDTCの介入レベルに作用するようプログラムされています。

メンテナンスインターバル

ムルティストラーダ950のメンテナンスインターバルは15,000km毎となっており、オーナーの負担となる不便さやコストが軽減されます。さらにドゥカティの品質と信頼性への絶え間ない投資の成果である937ccのテスタストレッタ11°エンジンにより、定期メンテナンス上さらに一歩前進しました。タペット調整が30,000km毎となり、これはドゥカティオーナーにとってうれしいお知らせです。

Colours

  • Product Preview
  • Product Preview